子どもゲームプログラミング教室について

ゲームとロボット制御を題材に、全くの初心者でも学べるカリキュラムとなっています。「プログラミングは興味あるけど初めて」という方にぴったりな講座です。題材も多様かつ豊富で、小学生でも飽きることなく受講できます。

 

受講対象は小学校4年生から高校生までの、Windows Vista以降のノートパソコンを持参出来る方です。保護者様のご同伴も可能です。

(受講者以外のお子様・乳幼児をお連れしてのご参加はご遠慮をお願いいたします)

 

使用するプログラミング言語は「Hot Soup Processor(略称HSP)」で、Windowsと共に20年以上の歴史を誇り、今なお改良が続けられています。利用者も非常に多く、毎年HSPプログラミングコンテストには多数の応募があります。近年では、応募された優秀なゲームがゲームパブリッシャーを通じ、広く世界に発信されるようにもなりました。

 

本講座では、そのHSPの開発者でもあるおにたま氏が講師を務めます。おにたま氏はゲーム開発会社にて技術開発責任者を務める現役の技術者でもあります。ゲーム製作を熟知したプログラミング言語設計者自らの講義となりますので、安心して受講いただけます。

 

昨今、文部科学省は初等中等教育段階におけるプログラミング教育を推進しております。義務教育段階でのプログラミング教育はますます重視され、今後プログラミング能力は「専門家だけのもの」から「誰にでもできる」に変わっていくものと考えられます。是非、「子どもゲームプログラミング教室」で、プログラミングに触れ、楽しんでいただければと思います。

 

2016年の教室の様子


募集案内

  • コース① : 7月8日(土)~9日(日)全2日間
  • コース② : 7月22日(土)~23日(日)全2日間
  • 時間 : 13:30~17:30 (全日)
  • 会場 : 羽村市生涯学習センター ゆとろぎ 講座室1(2階)
          ※ 9日のみ産業福祉センター2階電脳会議室にて開催。
             ゆとろぎの向かいにある建物です。
  • 対象 : 小学4年生~高校3年生まで 各日程定員25名
      ※学習者以外のお子様・乳幼児のお連れはご遠慮ください
  • 参加料 : 2,000円 (受講費・教材費)
  • 参加者持参 : ノートパソコン(Windows Vista 以降。Macは不可)

注意事項も併せてご一読願います。

 

申し込み方法

 往復はがき

  • 住所
  • 氏名
  • 学校名
  • 学年
  • 保護者氏名
  • 電話番号
  • 希望コース(① または ②)

を記入し、下記あて先まで郵送。
募集期間は6月1日~6月20日(6月20日(火)必着)です。

  • 〒198-0082
  • 東京都青梅市仲町295番地 りそな銀行青梅プラザ3F
    公益財団法人 青梅佐藤財団
    西多摩プログラミングクラブ担当 千葉宛

なお、先着順(各日程募集定員は25名)となりますので、お早めにお申し込みください。ただし、6月1日以前のお申し込みにつきましては公平の観点から無効とさせていただきます。ご了承願います。

  

お問い合わせ

西多摩プログラミングクラブ 羽村市生涯学習センターゆとろぎ協働事業運営市民の会~内 子どもゲームプログラミング教室担当

電話 : (042) 570-0707
月曜日を除く午前9時~午後5時

講師紹介

おにたま先生

インタープリタ言語HSP開発者。
ゲーム開発会社ツェナワークス社技術開発責任者を務める。
書籍や雑誌の執筆も行い、著書も多数。


主催・後援・協力団体